白河かもめ保育園では「生きる力・思いやり・夢」の3つの柱をかかげ遊びを通して自主性のある子ども、社会性のある子ども、創造力の豊かな子どもを育てます。

 

 

 

今回は「感触あそび」について紹介します。

 

 

 

絵の具を使って大きな模造紙にぺたぺたとハンドペイント、フィンガーペイント、フットペイントをしました。

 

手に絵の具をつけると「わぁ!」と嬉しそうに手を広げてじっくりと見つめる子や、青くなった手や絵の具の感触に「やぁー」と顔をしかめる子など様々な反応がありました。

 

 

 

 

保育者がぺたぺたと手形を付けていると、さっそく真似をしてぺたん。ぬりぬり。足でも、ぺたぺた。と夢中になっていました。

 

 

 

 

みんなの手形や足形で青くなった模造紙。何に変身するのか楽しみにしていてください!

 

 

これからも遊びを通して様々な感触に触れ、五感を刺激する経験を重ねていきたいと思います。



白河かもめ保育園では

「生きる力・思いやり・夢」の3つの柱をかかげ遊びを通して

自主性のある子ども、社会性のある子ども、創造力の豊かな子どもを育てます。

今日はその中の「運動」で体育遊びでの
『聞くちから』について紹介します。
体育遊びでは毎月一回講師を招き、

子どもたちにさまざまな体の使い方の指導をして頂いています。



体育遊びは年齢ごとに行います。 講師の言葉をヒントに体を動かすこともしばしばありますが
最後まで指示やポイントを『聞き』 それを実践することで 子どもたちの大きな自信に繋がっています。

DSCF1386.JPG

また、体を動かしながら話を聞くことで集中力も付いてきている様子が見られます。

白河かもめ保育園では、日本の文化に触れる機会を大切にしています。

 

今日は新年の伝統行事 ”鏡開き” を行いました。

新年にお迎えした神様が宿る鏡餅をみんなで頂くことで、

この1年を元気に過ごせるように…います。

 

全クラスが集まり、“よいしょ!!〜” という威勢のいい掛け声とともに、力いっぱい木槌で叩きました。

 


みんなで順番に叩き終わった後は、お汁粉を食べました。


 

一年間、みんなが元気に過ごせますように…

 

 

 

 

 

 

白河かもめ保育園では

「生きる力・思いやり・夢」の3つの柱をかかげ、遊びを通して

自主性のある子ども、社会性のある子ども、創造力の豊かな子どもを育てます。

 

[あそび]中心とした5つプログラムを通して子どもたちの育ちを見守っています。

 

 

今回は『食育』について紹介します。

 

1月のテーマ野菜のほうれん草の話をしました。

ほうれん草が出来るまでやほうれん草と小松菜の違い、

ほうれん草を食べると体にいい事などの話しに子どもたちは一生懸命耳を傾けていました。

 

 

1月はほうれん草を使った食育を多く取り入れ、子どもの野菜を食べたいという気持ちを育てていきたいと思います。

 

 

 

 

今日は新年おたのしみ会でした。

 

新年の挨拶は元気いっぱい笑顔が溢れていました。

「12支のうた」や「園歌」を歌い

1月生まれのお誕生日のお友だちをお祝いしたあとには、いよいよおたのしみです☆


ボランティアの方をお招きし

南京玉すだれを披露してもらいました。


手拍子や合いの手も教えてもらい

「あ それ!  あ それ!

         あ それそれそれそれ!」と

元気な声で盛り上がっていました。

 

初めて見る南京玉すだれの迫力に子ども達は「すごいね!」「おもしろい!」ととても喜んでいました。

 

 

 

 

お節の話や七草粥の話に興味津々で耳を傾ける子どもたち。

日本のお正月についてたくさん知ることができました。

 

 

 

 

 

また、おたのしみ会の後には

玄関やお部屋に獅子舞が遊びに来ると、そっと手を伸ばして触ってみたり頭を撫でてみたりし、幼児クラスのお友だちは、「これでいいことあるね!」と嬉しそうに話していました。

 

 

 

2019年も、笑顔溢れる1年になりますように…

本年もよろしくお願いいたします。


幼児クラスでは2019年も
「遊び」を通して子どもたちの育ちを見守っていきたいと思います。

年明け最初の特別活動は
異文化交流でした。

DSCF1105.JPG
「A happy new year!」と 国は違っても新年の挨拶があることを知り、講師と自然に挨拶を交わし、楽しんでいます。

他にも『お年玉』や『年賀状』などの日本の文化にも英単語があることに驚いている姿がありました。

 

DSCF1302.JPG

今回は前後上下左右の英単語も学びました。

講師の真似をして"left""right"など発音をしながら体を動かして楽しんでいました。

 

DSCF1310.JPG

活動の後は園庭で過ごし、鬼ごっこやサッカーなど身振り手振りも交えながら、ルールや約束事を一生懸命伝え、

一緒に体を動かして遊ぶことを楽しんでいました。

 

異国の文化や言葉に触れ、「来月はどんな英語を教えてもらえるのかな?」と友だちと話し楽しみにしていました。


 

 


2019年が始まりましたね。

あけましておめでとうございます。

本年も、子どもたちの成長を共に見守っていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

さて、題名にもある『保育園の顔』と言われると、なにを思い浮かべますか?

 

そうです!

玄関です。


東京児童協会の5つのプログラムにもある『絵本』を親子でもっと楽しめるよう、

玄関をリニューアルしました。

 

 

 

季節に合わせて、絵本も入れ替えていく予定です♪

 

絵本を大切にしていきたいと思います。


絵本により親しみを持ってほしい。

絵本を大切に扱ってほしい。

絵本を読むことを通して子どもとのコミュニケーションが育まれていってほしい。

絵本を見ることから読む楽しみさにつながっていく、子どもたちの成長を感じてほしい。



様々な想いを抱きながら玄関を整えました。



 

 

 

 

2019年がスタートし

「明けましておめでとうございます」

「今年もよろしくお願いします」と、子ども達からも元気な新年の挨拶が聞こえてきています♪


本年も白河かもめの活動をあたたかく見守って頂きたいと思います。

保護者の皆様、地域の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

 

白河かもめ保育園では

「生きる力・思いやり・夢」の3つの柱をかかげ遊びを通して

自主性のある子ども、社会性のある子ども、創造力の豊かな子どもを育てます。

 

今回は「音あそび」についてご紹介します。

 

保育者が歌あそびで使っていた

太鼓に興味を持ち、鳴らしてみたいと

集まってきた子どもたち。

音が鳴ると「お!(なった!)」と

嬉しそうにニコニコしながら

更にたくさん音を奏でていました。

 

 

また、カスタネットや鈴を手にとり

鳴らす友だちもいました。

なかには、両手に別々の音の鳴る遊具を持ち、交互に鳴らしてみる姿もありました。

 

 

このように、様々な音に触れる事で

リズム感や音感が養われるだけではなく、

音を聞きとる力が養われたり、感受性が高まります。

 

 

これからも、たくさんの音に触れるあそびを楽しめるようにしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 白河かもめ保育園では「生きる力・思いやり・夢」の3つの柱をかかげ、遊びを通して自主性のある子ども、社会性のある子ども、創造力の豊かな子どもを育てます。[あそび]を中心とした5つのプログラムを通して子どもたちの育ちを見守っています。

 

今回は「季節の制作」について紹介したいと思います。

今月のテーマは「クリスマス」

花組は身近にある材料と画用紙を使って

クリスマスツリーを作りました!

緑の画用紙を丸めて貼った長さの違う

3本のペーパー芯を積み重ね、表面を飾りました。

飾りは自分でハサミを使って切り、糊で貼りました。貼る位置や飾りの形を自由に考えながら作っていました。星の形に切りたいと挑戦している子もいました。

 

星組は紙皿と紐を使ってクリスマスの飾りを作っています!

穴に紐を通すことが難しく、苦戦していましたが諦めずに頑張っている姿がありました。

皿の周りはクレヨンで色をつけ、モールやふわふわの飾りなどでかわいらしく仕上りました。

 

月組は画用紙とカラー段ボールを使ってランタン作りをしています!

半分の画用紙に切り込みを入れ、対象切りに挑戦しています。

開くとツリーや雪だるまの形などの形が出来上がり、嬉しそうにしている姿がありました。

 

子どもたちが一生懸命作った作品、是非おうちでも飾ってくださいね!

 

 

 

※毎日の献立をブログにて公開していきます。

 

〇お昼〇

・ご飯

・南瓜コロッケ

・温野菜サラダ -玉葱ドレッシング-

・厚揚げと白菜の味噌汁

・ヨーグルト

 

 

〇おやつ〇

・五目おにぎり

・小魚

・麦茶

※毎日の献立をブログにて公開していきます。

 

 

本日は冬至献立でした。

冬至の日には「‟ん”が二つ付く食べ物」を食べたり、

柚子湯に入って運が向上するように願います。

それにちなみ献立には南瓜(なんきん)、蓮根、人参、金柑、柚子を使って

冬至らしさを味わえる献立になっています。

 

 

〇お昼〇

・生姜ご飯

・カジキの柚子味噌焼き

・蓮根の甘酢漬け

・南瓜の甘煮

・のっぺい汁

・きんかん

 

 

 

〇おやつ〇

・南瓜白玉

・玄米茶

 

 

かもめ保育園では3つのそだち(こころの育ち・食の育ち・意欲の育ち)を大切にした教育・保育を行っています。

 

 

今日は月に一度のお楽しみ会でした。

 

 

ボランティアの山口さんがアルトリコーダーで『赤鼻のトナカイ』『きよしこの夜』『いい日旅立ち』を演奏してくださり、みんなで元気よく歌いました。

 

 

今月のお楽しみは…

絵本の読み聞かせ「赤鼻のトナカイ ルドルフ」

 

読み聞かせが始まると、「あ!トナカイ!サンタもいた!」など楽しみながら見ていました。

 

 

 

12月生まれのお友だちは、名前を呼ばれると大きな声で返事をしています。

お友だちにおめでとうと拍手をされると嬉しそうにしていました。

 

シャンシャンの鈴の音の後、サンタさんから保育園にプレゼントが届いており、

園児は「やったー!」と喜んだり、「サンタさん?」とあたりを探すなど様々な反応を示していました。

プレゼントがあけられるとみんな満面の笑みでおもちゃを見ていました。

 

 

 

来月のかもめの日のお楽しみは

“新年おたのしみ会”です。

楽しみに待っていてください♪

 

白河かもめ保育園では

「生きる力・思いやり・夢」の3つの柱をかかげ、遊びを通して

自主性のある子ども、社会性のある子ども、創造力の豊かな子どもを育てます。

 

[あそび]を中心とした5つのプログラムを通して子どもたちの育ちを見守っています。

 

 

今回は『サーキット遊び』について紹介します。

 

サーキット遊びではバランスを養う遊びです。

 

一本橋では、手を広げて「おっとっと」と言いながらバランスを取ったり、

一歩ずつすり足で進んで足の裏に感覚を集中させて渡っています。

 

また、先日開催した大きくなった会の記憶も新しく、

子どもたちは、一本橋を渡る際にクマやウサギなどの動物になりきって渡る姿が多く見られています。

なりきる際にそれぞれの歩き方を真似したり、頭に手を乗せて耳に見立てるなど姿を真似したりとバリエーション豊かです。

 

 

これからも、室内でも体を動かして遊べるように工夫して遊んでいきたいと思います。

 

※毎日の献立をブログにて公開していきます。

 

〇お昼〇

・南瓜とチキンのトマトドリア

・フレンチサラダ

・お豆のスープ

・ももゼリー

 

 

〇おやつ〇

・若布のあったかうどん

・麦茶


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

携帯サイト

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM